結果を出す秋/有限会社スキップヒューマンワーク

沖縄の小・中・高校生の大学受験・胎教・社会人資格取得まで生涯教育指導を行います。

生涯を通じて学べるから一緒にゴールを目指せます。

結果を出す秋

共学琉大セミナー

晩秋の夜風が急にひんやりとしてきました。生徒・保護者様へはより一層のご健勝をお祈り申し上げます。

さて、中学生のみなさんにとって11月は各学校の定期試験が続きます。授業の進行を一時停止して、「試験対策」がしばらく続くこととなりそうです。よって、月の上旬にテストを終えた学校の生徒はいち早く次に向けて備えることができます。例えば中3生ならば12月に控える「おきなわ県模試」に向けてたっぷりと復習をすることができます。中1生・中2生にとっても今学年の復習を徹底的におこなって年明けを迎えることが肝要です。授業のなかでもよく取り上げることですが、学校の定期試験で得られる結果は「内申点」に直結します。「内申点」はみなさんが目標とする志望校合格に大きく影響する要素です。そして、1・2年生の今しか備えられないことでもあります。大げさではなく、脅す目的でもなく、あえて伝えます。「受験はすでに始まっている。」ということです。

小学生のみなさん、検定対策クラスは12月の「検定試験」に向けてのラストスパート。受験組も同じく12月の「中学入試」に向けて大詰めの季節となりましたね。小学生にとって、塾では楽しく勉強できても、家でひとりぼっちになるとなかなか集中できないということも多いかもしれません。それでも、少しずつひとりで黙々と勉強ができるようになった。自分を自分で奮い立たせることができるようになった。それはあなたの成長を意味しています。ひとりで頑張ったことを先生たちにも報告してくれると、先生たちはみんな喜びます。みなさんの報告を待っています。

「受験専門の学習塾」である共学琉大セミナーは、各学年の生徒たちが「受験に向けて」邁進しております。目標が決まると計画を立てることができる。目標に心がときめくなら計画を実行することができるようになります。まだ目標が無いことは、決して悪いことではありません。ただ、目標があると、すごくすごくラッキーです。寒い冬へと向かっておりますが、生徒一人一人が自らの目標に燃え、健康に楽しく塾に通ってくれていると、塾長としてとても嬉しく思います。

収穫の秋もいよいよ終わりに近づきました。春にタネを植え、夏にたくさんの栄養を蓄えた植物は秋に実ります。振り返ると共学琉大セミナー小・中学生の生徒たちも、春期講習に新学年の準備を始め、夏期は楽しく総復習を行い、秋にしっかりと結果を残してまいりました。成績が伸び悩んだ生徒も、大丈夫です。11月にはみなさんの努力を示す試験が多くあります。一年間の頑張りを存分に発揮し、充実感とともに秋を締めくくりましょう。

 

共学琉大セミナー

塾長 福山冬威

(11月1日 会員向け月刊新聞「共琉だより」第214号より)

ページの上へ