有限会社スキップヒューマンワーク

やる気を引き出す方法/沖縄の小・中・高校生の大学受験・胎教・社会人資格取得まで生涯教育指導を行います。

生涯を通じて学べるから一緒にゴールを目指せます。

やる気を引き出す方法

共学琉大セミナー

 

7月になり、夏の暑さも本格化して参りました。

 

生徒・保護者さまが、熱中症対策も万全に、健やかであることをお祈り申し上げます。

さて、共学琉大セミナーでは夏期講習がスタートします。

 

例年、当塾の夏期講習を受けることで、受験生だけでなく小学生から中学生までが心引き締まり、やる気も試験の点数も生まれ変わります。

 

保護者さまからも「塾に通うようになって(息子が)大人になったように感じます。」「(娘の)やる気がとてもあがってきています。」など嬉しい報告を例年数多く頂いております。今年も生徒たちの変化が楽しみです。

 

”共学琉大セミナーに通うと不思議とやる気になる。”

これは当然、塾としてはやる気が出るよう働きかけているからです。

共学琉大セミナー講師が意識する子どもたちのやる気へのアクセス方法は次の2つ。

保護者様にとって参考になると嬉しいです。

 

 

①モチベーション

生徒が勉強を頑張る理由はひとりひとり違います。単純に「成績が良くなりたい」だけでなく「両親に喜んでほしいから」「将来、裕福になりたいから」「成績が上がったらご褒美があるから」などなど、一人ひとりの目的に違いがあります。

講師は、日々の会話や面談を通して、独自の目的を否定せずに現在の勉学と関連付けていきます。

「心ここに在らざれば、視れども見えず、聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず」

古典『大学』にある言葉です。

目的のない(あるいは否定された)状態で学んでも身にならないでしょう。

 

②モラール

抽象的に言うと「塾の雰囲気」です。ドアを開けて玄関を抜けると「勉強する気持ちになること」です。まるで魔法のように、塾に来るとなんだか勉強したくなる。そんな雰囲気づくりを大事にしています。

具体的にはまず「整理整頓」、そして「ルール」、最後に「リソース」、生徒が必要とする教科書、演習問題、辞書・辞典・図鑑、質問に答える講師が常に用意されていることです。

そして「夏期講習」や「試験対策」で適切に号令がかかり、目標達成のための行動を明確にします。

 

 

このような仕組みで「やる気が出る」という状態を作り上げていきます。本年の夏期講習でも、以上の事に気を配りつつスタッフ一同、邁進してまいります。

 

 共学琉大セミナー
塾長 福山冬威

(7月1日 会員向け月刊新聞「共琉だより」第222号より一部抜粋)

 

 

 

 

(画像提供:https://unsplash.com/photos/79RuacUiXUI)
ページの上へ