有限会社スキップヒューマンワーク

春に向けて準備する/沖縄の小・中・高校生の大学受験・胎教・社会人資格取得まで生涯教育指導を行います。

生涯を通じて学べるから一緒にゴールを目指せます。

春に向けて準備する

共学琉大セミナー

2月になり、小学部は中学受験を終えました。中3生も最後の模擬試験を終え、残る試験は県立高校入試のみとなりました。

受験生にとって、今年度はこれまでに比べて臨時休校が多く、大変厳しい受験となっております。

しかしながら、共学琉大セミナーの生徒たちは早くも合格を勝ち取りました。小6生の中学受験では県内公立最難関の球陽中学へ5名合格。詳細

県内私立最難関の昭和薬科大学附属中学へ1名が合格。そのほか沖縄尚学、興南中学、カトリック中学へもそれぞれ合格者がおります。中3生の高校入試でも推薦により早くも合格者が出ております。
生徒自身が自ら決定した目標へ力強く努力し続けた結果だと感じております。また本人のがんばりもさることながら、家庭内、家庭外における保護者様のサポートも尋常ではなかったことでしょう。

そして、これから受験を迎える生徒たちは、一足先に合格を勝ち取った生徒たちから多くの「勇気」あるいは「士気の高まり」を得て、邁進していくことでしょう。

中3生の頑張りは、後輩である中1生、中2生へもいい影響となっています。2月は中1生、中2生にとって「内申点」に関わるとても重要な「学年末試験」があるからです。冬期講習も含めて、年末から対策を始めており、さらに先輩たちの頑張りが勇気を与え、今年度の学年末試験も大成功して、気持ちよく学年を締めくくることができることと確信しております。

さて、2月に入り、小学部門ではすでに「新年度」へと突入しました。今年の12月に控える受験に向けて早くも先手を打っております。中学生も3月からは春期講習がスタートし、新学年で更なる飛躍を遂げるためのフライングスタートを行います。

共学琉大セミナーは「常に先手!常にトップ!」を狙って進み続けます。

共学琉大セミナー
塾長 福山 冬威

(2月1日 会員向け月刊新聞「共琉だより」第217号より一部抜粋)

画像提供(https://unsplash.com/photos/qXakibuQiPU
ページの上へ