有限会社スキップヒューマンワーク

入試に通用する学力/沖縄の小・中・高校生の大学受験・胎教・社会人資格取得まで生涯教育指導を行います。

生涯を通じて学べるから一緒にゴールを目指せます。

入試に通用する学力

共学琉大セミナー

入試に通用する学力

12月に入り、中3生にとっては、あっという間に県立高校入試本番まで残り100日をきっております。

受験に向けてラストスパートの時期となりました。

小6生は、今週末が球陽中学入試日です。

体調管理を第一にしながら、最終調整中です。
共学琉大セミナーの中3生は7月・8月の夏期講習で実に140コマの授業数をこなし、1・2年生の復習を徹底して参りました。

その結果は、8月号県模試、9月の統一プレ入試で見事な点数を勝ち取ることで結実しました。

あれから3ヶ月と少しの月日が経ちました。

この期間は通常の受験生にとって日頃の学校の授業を勉強することで精一杯の3ヶ月間だったと思います。

自然と1・2年生の復習を疎かにしてしまう時期です。12月の県模試で弱点を明白にし、冬期講習で着実に克服して参りましょう。

今月から冬期講習がスタートいたします。

1・2年生の復習が疎かになっていた生徒や夏期講習以降に入塾した生徒は、今後、高校入試に向けてしっかりと対策を打っていく必要があります。

もう悠長なことは言っておられません。

点数を伸ばすには、

「演習量」を積むことが最終手段であり、最も確実な方法です。

共学琉大セミナーには個別演習の講座があります。自らの弱点教科、弱点単元にピンポイントで対策を打つことが出来ます。

B判定以下の生徒には個別演習の加入を強くお勧めします。

 

小学部の受験対策クラスにおいても私立受験、公立受検まで目前となってまいりました。

小6生も中3生に負けず劣らずの緊張感で、休みの日も自習に来る生徒が多数おります。

先輩たちにとって良い刺激ですね。

日頃の授業では過去問の演習と解説授業でみっちりと対策を行っていますが、提出された宿題を完璧にこなすこと、基礎基本の再確認が大変重要になって参ります。

そして万全な体調管理も忘れてはなりません。ご家庭でのサポートのおかげで、共学琉大セミナー生は健やかに学習することができております。

小中ともに受験勉強が白熱するこの時期、体調に気を付けて一所懸命、楽しんでまいりましょう。

共学琉大セミナー
塾長 福山 冬威

(12月1日 会員向け月刊新聞「共琉だより」第215号より)

 

画像提供(https://unsplash.com/photos/_zsL306fDck)
ページの上へ