【中学部】全国学力テスト/有限会社スキップヒューマンワーク

沖縄の小・中・高校生の大学受験・胎教・社会人資格取得まで生涯教育指導を行います。

生涯を通じて学べるから一緒にゴールを目指せます。

【中学部】全国学力テスト

共学琉大セミナー

P1050877 P1050878 P1050879

 

共学琉大セミナーの中学部「Sクラス」では

各学年、毎月「全国学力テスト」を実施しております。

 

その目的は大きく2つ

 

 

まず一つめ、

学校のテストは、限られた範囲から出題されるので、

一夜づけで何とかなってしまうのが現状です。

そのため席次上位である20番以内の生徒間では

実際の学力の差を「学校の定期テスト」で見極めるのは難しいのです。

 

限られた範囲では高得点だったけど

(毎回の定期試験では席次上位だったけど)

1年生、2年生のころの学習範囲に戻ってみると、、

すっかり忘れてしまっている!

という現状が中学生には非常に多いです。

高校入試は1~3年生の全学習が出題範囲である。にも関わらず。

 

そのため、「全国学力テスト」を毎月実施することで、

自分の現状を正確に把握することができます。

また、現在の学習だけでなく、過去の学習を振り返って

広範囲から出題される全国学力テストならば、

時が経つにつれて、以前の学習の記憶が薄れてしまうことを

食い止めることができます。

これにより、高校受験において、大きなアドバンテージが築けます。

 

 

二つめ、

全国学力テストは、結果票で確認できる「偏差値」も地域のテストとは大きく違います。

 

中学生から大学受験を目標に早期学習をスタートさせている保護者様にとってはとても重要な情報です。

 

「偏差値」とは簡単に説明すると

「周囲に比べて私はどれだけ学力が高いのか?(あるいは低いのか?)」

という基準です。

各都道府県で学力に差がありますから

「大学受験」など全国規模で設定されている「必要偏差値」は

地域のテストで測られた「偏差値」と大きく違うことを認識することが肝要です。

 

地域のテストで「偏差値65」!

確かに高い学力と言えます。ただし、それは県内の受験者のみで測った偏差値です。

全国のツワモノどもをエントリーさせてみると、、、

「全国偏差値55」!!、、あれれ?という結果になることが多いです。

 

共学琉大セミナーの2教室には

全国の「国公立」「私立」の大学必要偏差値が掲示されています。

P1050885 P1050887 P1050888

 

これによると

東大・京大や早稲田・慶応 など一流大学の多くの学部が

偏差値「70越え」となっております。

 

そ・れ・は、「全国偏差値」であって、「県内偏差値」ではないのです。

大学受験は全国の生徒たち(浪人生も含めると、規模は今までより確実に大きい)と競争する一大イベントです。

「●●大学に行きたい!」と

いまから大学受験を目標に頑張っている子ども達にとって、

今の現状を正確に測るのならば、全国学力テストの受験が必須!と言えるでしょう。

 

以上の理由から共学琉大セミナーでは

そういった、高校受験・大学受験に向けて頑張る意欲ある中学生のために

毎月の全国学力テストを実施しております。

 

ページの上へ