県模試とは?/有限会社スキップヒューマンワーク

沖縄の小・中・高校生の大学受験・胎教・社会人資格取得まで生涯教育指導を行います。

生涯を通じて学べるから一緒にゴールを目指せます。

県模試とは?

受験生として夏休みを迎える生徒のみなさんに知ってほしいこと!

 

学校の定期テストだけで実力を判断して、高校入試に臨むのは非常に危険!

ということです。

 

そもそも学校の定期テストは学力を測ることを大きな目的とせず、

学習に対する真摯な態度を測っています。

どういうことかというと!

学校の定期テストは、「決められた期間」に「学校で学習した範囲」をもとに

テストを作成します。

つまり!

「この期間よりも以前に学習したこと」が出題されることがほとんどありません。

よって、復習の要素が薄い!

また、「学校で習っていないこと」は一切出題されません。

つまり、各学校・教える先生の特色が濃く反映されます。

結果的に学校の定期テストは、

出題範囲が狭く、内容が偏る傾向にある。といえるでしょう。

 

この定期テストの結果だけで判断すると

本当の学力を見誤る!

なんてことも起こりかねません。

 

「沖縄県高校入試模擬試験」は

その名の通り、沖縄県の公立高校の入学試験に似せて作られています。

よって、出題範囲も難易度もそっくり!!

こういうテストを受けてみて初めて

入試に対する実感が湧くものです。

 

 

実際に、当学習塾に入試直前の12月に入塾した生徒さんでこんな子がいました。

本人にとっては、

「学校の席次も10番以内を維持しているし、学校の先生も心配ないと言ってくれている。でも親が心配しているので、一応は最後の数か月だけ塾で勉強します。」

という感覚でした。

 

しかし、実際に県模試を受けてみると!!

結果は惨憺たる結果に、、、

 

こういう事態に陥らないためにも

「夏休み」という大事なシーズンを迎える前に

沖縄県高校入試模擬試験を受けてみることが肝要です。

  •  暉義塾髙等学院(ひかりぎじゅく)
  • LEC沖縄プラザハウス校
  • 目の学校沖縄泡瀬校
  • イプラスジム泡瀬
  • 代表ブログ
ページの上へ